読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しばしばゼリーまれに本ごはん

春夏秋冬、季節に関係なくゼリーを作って食べています。

作ってすぐ食べれる紅茶ゼリー☆のつもりでしたが通常の紅茶ゼリー

そもそもゼリーは作る工程時間は短いのですが、固まるまでの「時間」が必要です。今日は、「作ってすぐ食べる!」ゼリーを目指して取り組み始めました。

昼の朝ドラが始まったところで作り始めたので、朝ドラ内で食べられたら成功!ということにしましたが、結論からいうと失敗しました。ちなみに、今回の朝ドラは今のところかなり応援しています。

 

まず紅茶のティーバッグに湯を注ぎ、紅茶が濃くなる3分を利用して……

f:id:frypangohan:20170411200529j:plain

 

コップに粉ゼラチンを入れて……

f:id:frypangohan:20170411200719j:plain

 

冷え冷えボウルを用意します。

f:id:frypangohan:20170411200829j:plain

 

3分後、できた紅茶をゼラチンの上に注いで、いつものようにまぜまぜ。

f:id:frypangohan:20170411200938j:plain

 

ゼラチンが溶けたら、今度は冷え冷えボウルに入れて、まぜまぜ。

f:id:frypangohan:20170411201604j:plain

…………。これで、しばらくまぜていたら、3分と経たず、ふるふるのゼリーになるはずとしばらく信じていたわたし……。あれ、なんか違っているかも? と気づいたのは数分後。

たぶん、これ、外側を冷やすんじゃなくて、ゼリー液の中に氷を入れるんでした……(ゼリー液は濃い目&液体少な目に作っておいて)。

というわけで、あっさり間違いを認めて、ふつーに冷蔵庫にインしました。

 

そして、ふつーにできあがりました。

f:id:frypangohan:20170411202202j:plain

でも、最初に急冷したので、色がキレイにできたカモです(紅茶は冷やすと色が濁りがちなのです)。

 

f:id:frypangohan:20170411203921j:plain

「作ってすぐ食べれる」は、またいつかチャレンジしようと思いマス。